株式会社 中山商店

素材や技法にこだわり「美味しい干物」を工場直送にて販売。干物にこだわって72年「株式会社中山商店」

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  美味しい召し上がり方

美味しい召し上がり方

干物を美味しく食べよう!

当店の干物は、いつでも美味しく食べていただけるように、干しあげ後すぐに急速冷凍をし、クール宅急便(冷凍)にて、お届けします。

 

【1】解凍方法
冷蔵庫で1~2時間を目安に、ゆっくり解凍をしてから調理してください。
解凍しそびれた場合は、凍ったまま火を細めにしてじっくりと炙ってみてください。

※一度解凍した干物は再凍結しないで、必ず食べきってください。再凍結すると、細胞が壊れて旨味が液汁となって出てしまい、次回焼いたときカスカスの状態の焼き魚になってしまいます。

 

干物を美味しく食べよう!

 

【2】焼き方
●皮から強火でしっかり焼くのが基本
こうすると、うまみ成分が中に閉じこめられるばかりでなく、上になった身の焼け具合が分かるからです。
身が白くなってきたら全体に火が通った証ですので、返して身の面を「軽く」サラッと焼いて下さい。

●理想は「強火の遠火」焼き
炭火を用い焼き網に乗せて七厘で焼くのが理想的ですが、現在では七厘をお持ちでないご家庭がほとんどだとと思います。

しかし最近では、ホームセンター等で炭火焼用の小さな七厘セットも売っていますので、一度ご購入されてみてはいかがでしょうか?

少々面倒ですが、火加減をうまく調整すれば思ったよりも煙りは出ないですし、何より干物の持つ本来の素材の旨みが際立ちます。

●ガスコンロの場合
ガスコンロを使って焼く場合には、焼き網を二枚重ねて用いると強火の遠火が実現できます。
干物を網に乗せる前に、焼き網を十分に焼いておきましょう。(魚の皮がくっつきにくくなります)

●グリル・オーブンの場合
網を2分程度熱してから干物をのせます。
上からの火ですが、この場合も皮を下にしてのせます。つまり、身の面から焼きます。
焼き色が付き、火が通ったら返して皮面を焼きます。
※ヒレなどの焦げやすい部分はアルミホイルでカバー

●ちょっとした工夫でさらに美味しく
干物はフライパンで焼いても、美味しく焼き上がるんです。魚を焼くのはいいけど後片付けが面倒な方はお試しください。

その際身にお酒を軽くふると、ふっくら焼き上がります。

グリルの焼き網をご使用の場合、お酢に通すと魚がくっつかなくなります。もちろん、酢の酸味が魚に移ることはありません。

◆賞味期限
※冷蔵保存で3~4日
※冷凍保存で2~3週間程度

当然ですが、早く食べるに超したことはありません。